買取依頼をしたい不動産会社の選び方

不動産を買取してもらう場合には、どのような不動産会社を選べば良いのかが大切です。買取サービスを利用する場合には、何かしらの理由があるものです。例えば住宅ローンを滞納しているために、早期に処分する必要があるケースもあります。あるいは買い替えをするために処分する必要があるといった場合もあるわけです。そこで不動産会社の選び方としては、その際に発生する煩雑な雑務にも対応してくれるところを探すことが挙げられます。物件を売却するイメージとしては、購入希望者をいかに探すかということになりますが、買取依頼の場合には異なります。いかに高く買取をしてもらえるかは、いかに物件の改修費用を抑えられるかがポイントになります。

 

通常、不動産会社は買取をした物件をリフォームして再販します。その際のリフォームをいかに簡潔に済ませることができるかが重要というわけです。販売力の弱い業者の場合には、最新の設備を設置するといった内装で集客力を高めようとします。けれども販売力の高い業者はそれほどリフォームにお金をかけずに購入者を探すことができます。そのような不動産会社をいかに探すかが大事な選び方と言えます。そして買取依頼の際に必要となるのが、抵当権の抹消です。これはローンを融資している銀行が設定した担保の抵当権を解除する作業となります。司法書士に依頼するなどの必要がありますが、不動産会社が行う場合もあります。また買い替えをする場合には、買い替えローンを利用するなどでローン残債を全て払うことになります。買取に限らず、処分する物件にローンが残っていれば、その残債は全て支払っておく必要があります。買取の代金でその支払い全てを済ませることができなければ、現金を用意して支払うことが必要です。買い替えを行うのであれば、その購入代金と併せて残債の支払い分のお金も借りることが可能となります。その際に必要な作業を行ってくれる不動産会社を選ぶということも大切です。また不動産会社の選び方でもうひとつ大事なことは、物件のあるエリアに詳しいということが挙げられます。これは物件を再販する際に、買い手を探しやすいという利点があるからです。買取価格はこの再販の価格とリフォーム金額などが影響しています。買取に不慣れな会社の場合には、安めの価格で再販するので安く買い取ることになります。そのような点も踏まえて、買取をする業者選びをすることが大切です。

査定依頼をする不動産会社の選び方について

不動産を早急に手放したい時には、不動産会社の買取サービスを利用することになります。これは通常の売却とは異なり、不動産会社に直接物件を購入してもらうサービスとなります。買取をした不動産会社はその物件をリフォームして、再販することになります。ただしこの販売価格は周辺相場と同じ価格になります。つまりリフォーム費用を上乗せできるわけではないので、買取価格から工事費用を差し引くということになります。そのために、どの程度の金額で買い取ってくれるかは、どの位リフォームに費用を費やすかに左右されるわけです。そこでまず複数の不動産会社に物件買取の相談をして、査定金額を算出してもらいます。その中から、最も高い金額を提示した業者に依頼することになります。そこでまず重要となるのは、査定を依頼する業者の選び方として地元に詳しい不動産会社をピックアップするということです。なぜ大手の会社ではないのかというと、そのエリアで物件を必要とする人はどのような内装の物件を求めているのかを把握しているからです。通常大手の会社であれば、とりあえず売りやすいように内装を凝ったものにします。設備も最新のものを導入することで、売りやすいというわけです。けれどもそのようなリフォームをすれば当然ながら、相当の費用が必要になります。その分、買取査定の金額は安くなるわけです。けれども地元の不動産会社であれば、最小限のリフォームに抑えて販売することができます。そのために買取価格も高くなります。このように買取業者の選び方としては、どの程度の改装で再販できるかということがポイントになります。また不動産の処分で大事なことは、ローンを全て完済できるかどうかということです。買取金額でローンの残債全てを払うことができなければ、担保としている抵当権を解除してもらえません。あるいはマンションの場合には管理費を滞納していたり、あるいは固定資産税を支払えていない場合にも注意が必要です。そのような未払金は全て払っておく必要があります。そのためには無担保のローンを借りたりして現金を用意することが必要です。そのためのアドバイスをしてくれる不動産会社もあります。少しでも金利が安い無担保ローンを紹介してもらうといったことも大事です。早急に不動産を処分することには、様々な問題も発生します。そのような場合に力になってくれる不動産会社を探すことも大切であると言えます。

不動産会社の選び方!情報量次第では損をすることも

不動産の売却を考えるなら手段は2つ。不動産会社が購入者を探す「仲介」と不動産会社が直接購入者となる「買取」があります。買取の場合は仲介と違い、広告宣伝費や仲介手数料がかからずすぐに売却することができますが、仲介で売却する場合の価格よりも低くなることが多いです。売却価格だけみると買取は損ですが、なかなか売却できずに広告宣伝費が膨大になってしまった場合には買取の方が得をする場合もあります。仲介と買取は不動産会社の選び方次第でどちらが得でどちらが損をするかの明暗が分かれます。では、「仲介」で不動産を売却する際に損をしないように気を付けなければならないポイントは何なのでしょうか。

売却を希望する不動産が早く売れれば売れるほど、売るために必要なコストが削減できるため売主は得をします。そして、早く売却できるかどうかは「情報量」が大きく関わっています。インターネットを経由して購入希望者を探す場合には、より多くのサイト、より多くの閲覧者のあるサイトに掲載されることが重要。多くの人の目に触れれば購入希望者が早く見つかる可能性は高くなるからです。その点では地域密着型よりは大手不動産会社の方が知名度があり、情報が人目に付きやすいでしょう。しかし、それだけでなく地域の情報に詳しいかどうかも重要ポイントです。地域のニーズに合わせて広告文句や営業先を工夫するなど、柔軟に対応できる不動産会社を選ぶなら地域密着型の方が良い場合もあります。

では、大手と地域密着型のどちらを選ぶべきなのでしょうか。大きな売り物であり、買い物である不動産で損をしないための選び方には、情報量ともう一つ大切なポイントがあります。それが「担当者の熱意」です。不動産売買の仲介を契約しても売主が営業の様子を知ることは難しいです。担当者に明らかに熱意が感じられない場合は、買い手がなかなかつかず売り時を逃してしまう可能性が高くなります。その点からいうと、大手不動産会社が必ずしも良いとは限りません。相談をして熱意を感じる担当者に当たるかどうかは損をしないために見極めたいポイントです。複数検討しても最終的に1つの不動産会社に絞り専任契約を結ぶのがコストを抑える面では理想的ですが、どうしても「ココ」というところが見つからなかった場合は、専任媒介契約ではなく、一般媒介契約し、複数の不動産会社を同時に契約することも可能です。

管理会社や不動産会社の選び方の違い

不動産の資産価値を左右する管理会社や、売買に必要な不動産会社の選び方には用途に応じて違いがあります。例えば管理会社ならばいかに建物を長持ちさせるように管理やメンテナンスができるかが問われます。賃貸経営をしている物件であれば、借り手を探す業務も加わります。同じように不動産を手放す場合にも、その手段に応じて不動産会社の選び方は変わります。例えば早急に処分したいという場合、売却ではなく買取サービスを利用することになります。買取サービスは買い手を探すのではなく、直接業者に引き取ってもらうものです。

ただしこの場合には、相場の価格で引き取ってもらうというわけにはいきません。と言うのも、業者は引き取った物件を手直しして、さらに利益を乗せて再販するからです。その再販の価格は、周辺で売り出されている中古物件と変わらない単価となります。つまり手直しにかかった費用は上乗せすることができないというわけです。そのために、利益の分と手直し費用の分を差し引いた金額で買取をすることになります。そこで、少しでも高い価格で引き取ってもらうために業者の選び方が重要となります。まず複数の不動産会社に査定を依頼するわけですが、そのピックアップの方法としては物件の周辺エリアに詳しい業者を探します。というのも、そのエリアで物件を探している顧客を抱えている可能性が高いからです。もちろん仲介で売却しても良いのですが、そのためには内見をしたり価格交渉を行ったりと手間がかかります。急いで処分するからば、業者に引き取ってもらった上で、そのような顧客に再販してもらうのがベストと言えます。また周辺エリアに詳しい業者であれば、その物件の価値を十分に伝えることができます。つまり高い価格で提供できるので、買取価格もそれに合わせて高く設定されるというわけです。そのような業者をいくつか探して査定を依頼し、その中で高い価格を提示したところに決めるという形になります。ここでも売却とは異なる選定をすることになります。売却の場合、必ずしも提示された査定金額で売れるとは限りません。そこで業者の販売能力なども加味して選ぶ必要があります。けれども買取の場合には、提示された査定金額でほぼ引き取ることが決まります。つまり、単純に高い査定金額をチェックすれば良いということになります。後は抵当権の抹消などの手続きを行ってくれるかどうかをチェックすれば大丈夫です。